年間スケジュール(2023年度)

令和5年4月8日(土)~令和5年6月18日(日)

©Dennis Stock/Magnum Photos

写真展「オードリー・スタイル 飾らない生き方」

1929年にベルギーで生まれたオードリー・ヘプバーン。ハリウッド映画「ローマの休日」の王女に抜擢され、気品に満ちたプリンセスを可憐に演じ、スターの道を歩きはじめます。
「麗しのサブリナ」「ティファニーで朝食を」「マイ・フェア・レディ」……。サブリナパンツやフラットシューズ、シンプルなブラックドレスなど、オードリーは新しい時代をリードするファッションアイコンに。晩年はユニセフ親善大使として厳しい環境に生きる子供たちへの援助活動にも貢献しました。女優として、女性として、母として、ひとりの人間としてオードリーの信念ある生き方は、今も多くの人の共感を得ています。
本展では、オードリー・ヘプバーン(1929〜1993)の飾らない生き方を約130点の写真で展覧します。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日、5月5日(金・祝)は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和5年7月1日(土)~令和5年8月27日(日)

とびだせ!長谷川義史展

くすっとしたり、ほろりとしたり―

絵本作家・長谷川義史さんの作品は、ほのぼのとした味わいとカラフルな色づかいが印象的です。絵本の中では、ユーモアたっぷりのキャラクターたちが笑いあり涙ありの物語をくり広げます。
長谷川さんは絵本の中に、さまざまな人々への思いを込めています。ふるさと大阪を舞台に、家庭や学校での日々を描いた作品には、家族や先生、友人を大切に思う気持ちを、戦争や震災をテーマとした作品には、世界の人々の平和への願いを重ねています。長谷川さんの絵本は、多くの人の心を惹きつけています。
本展は絵本原画を中心に、イラストやスケッチなど約220点を展示します。長谷川さんが「世界中のみんなが笑ってほしい、幸せであってほしい」との思いで描き続ける、創作活動のすべてを紹介します。



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※8月1日(火)は創立者・佐野隆一翁の生誕日のため無料
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和5年9月2日(土)~令和5年10月22日(日)

命宿るORIGAMI―吉澤章 創作折り紙の世界

「まるで生きているかのよう」

創作折り紙作家・吉澤章の作品はしばしばそう評されます。いきいきと躍動感溢れる折り紙の動物や虫たちは、どこか温もりや懐かしさを感じさせます。

吉澤章は対象物をとことん観察・研究し、一枚の紙で生き物の生態や本質を表しました。動植物や恐竜、昔話、仮面、人々の営みや感情、抽象表現など、幅広いテーマの作品が、こだわりぬいた美しい折り線によって生み出されました。生き物の命の尊さや人の心のあり様をも折り出す作品の数々は、国内外で高い評価を受け、「ORIGAMI」として世界中に広まりました。

生きとし生けるものと心を通わせ、森羅万象を折り紙で表現した吉澤章。本展では、新たに寄贈を受けた作品含め約700点により、命宿る創作折り紙の世界をご紹介します。

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※9月18日(月・祝)敬老の日は65歳以上無料
※15名以上の団体は各2割引
令和5年10月28日(土)~令和5年12月17日(日)

第13回 新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会

日本刀の匠たち

日本刀を造る文化は、現代に脈々と受け継がれています。刀身(とうしん)をはじめ、刀身彫刻、研磨(けんま)、刀装具(とうそうぐ)、白銀(しろがね)、白鞘(しらさや)、柄巻(つかま)き、鞘塗(さやぬ)り、拵(こしらえ)など、日本刀に携わる匠たちの技をぜひご覧ください。

 

特別展示 佐野美術館の名刀
【主な出品作品】
・ 重要文化財 刀 朱銘 義弘/本阿(花押)
〈名物 松井江〉 鎌倉時代 佐野美術館蔵
・大笹穂槍 銘 藤原正真作
〈号 蜻蛉切〉 室町時代 個人蔵

 

佐野美術館 × 刀剣乱舞ONLINE コラボレーション
開催期間:令和5年10月28日(土)~令和5年12月17日(日)
企画詳細はこちら↓
https://sanobi.or.jp/news/collabo-2023/

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
※本展チケット半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料2割引
令和6年1月7日(日)~令和6年2月18日(日)

ときめき 美人―培広庵コレクション名品展

美人画は日本独自の絵画分野として発展しました。源流は近世初期の風俗画といわれ、江戸時代は浮世絵などを通して親しまれ、明治時代末期から昭和にかけて流行しました。
培広庵コレクションは、美人画隆盛期の作品が揃います。作者は、京都の上村松園や菊池契月、東京の鏑木清方や伊東深水、大阪の北野恒富や島成園、そして竹久夢二など、近現代画壇を代表する日本画家たちです。
本展は同コレクションを中心に、四季の情景とともに描いた美人画約70点を紹介します。桜を愛で、夕涼みに憩い、夜長の読書にもの思い、舞う雪に見入る…女性たちが時季ごとの風情を愉しむ姿は、日本人が抱く美意識そのものとも言えるでしょう。
日本の自然の彩りに、女性たちの華麗な装いや妖艶なしぐさに、心ときめく美人画の名品をどうぞご覧ください。

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引
令和6年2月24日(土)~令和6年4月14日(日)

「鹿児島睦 まいにち」展 メインビジュアル

「鹿児島睦 まいにち」展


鹿児島睦が日々想う、

わたしたちの
「まいにち」を感じる、
しあわせな時間を。

 

“役に立たないもの、美しいと思わないものを、家に置いてはならない”

100年以上前、イギリスの芸術家・思想家、ウィリアム・モリスはこのように言いました。その思想はイギリスからじわじわと世界中に広がり、人々が日々の暮らしに目を向ける、ひとつのきっかけとなりました。
時を超え、九州は福岡で、陶芸家・アーティストの鹿児島睦(かごしま・まこと、1967年生まれ)も、人々の暮らしをよりよいものにしようと日々励んでいます。

この展覧会は、陶芸作品を中心に、テキスタイル、版画など多彩な仕事で注目を集める鹿児島睦、初の大規模な展覧会です。会場は、「あさごはん」「ひるごはん」「ばんごはん」の大きなテーブルに、動物や植物を豊かな色で愛らしく描いた約200点の器が並びます。そのほか、ファッション、インテリア、フードなどの領域でのコラボレーションから生まれたさまざまなプロダクツを、「さんぽ」「おやすみなさい」など、日々の暮らしのシチュエーションで紹介していきます。

展覧会図録やオリジナルグッズも多数販売します。

 

巡回について、詳しくはこちら(外部リンク)

 



入 館 料 一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料
※15名以上の団体は各2割引